第6回:「酒処ほっこり」@兵庫伊丹

飲むためにヒョイと県をまたいで大阪へ。が常やけど、たまには慣れ親しんだ地元県で飲もか!って時にふと思いつくのが「酒処ほっこり」。
久々に顔を出すと、シーズンごとに変装するお人形さんと美人ママがニヤリと迎えてくれます。知り合いや自らの手で改装を繰り返す温かみのある店内は、今日も常連さんで満員御礼。
駆けつけ一杯の生ビール(350円)と供されるのは日替わり2種から選べるサービスのほっこり小鉢。しょっぱなからほっこりやねぇ。
ココのウリはアテほぼ全品200円ちゅう安さ!定番以外は毎日変わるのでいつ来ても楽しめんねん。逆に言うたら昨日食べたもんは今日あらへん。食べるなら、今やろ!
あれやこれや目移りしてまうけど、ココ来たら食べんと!の大分とり天。開店当初はコレとビールしかなかってんて。今じゃ名物として毎日飛ぶように売れとるわ。
揚げ立てを頬張ると、サクリ衣に肉身のやらかさハンパない!上顎で潰れるほどやらかぁ!加工肉ちゃう?!ちゃうちゃう、知り合いのお肉屋さんから仕入れら れ安心安全。ちょいニンニクの効いたソレにかぼす入りポン酢でまた旨し。こんでたったの200円、コレだけでも食べに来る価値ありやで!
大好物は、叩いて伸ばしてメチャ手間のかかったパリパリ塩とり皮。ほんっまパリッパリやねん!この歯応えと強め目の塩気でガンガンお酒進んでまうんやわ。
冬期限定のかき水炊き(350円)も魅力的やね。小鍋言うてしっかりボリュームにテンションUP!たっぷり具材の主役にはプリップリの牡蠣が4つも!〆のうどんor雑炊(200円)でほっこりの極み。ひとり鍋が寂しいて?ぜ~んぜん、独り占めできるなんて幸せ過ぎやんか!
店とママが客を呼び、客がまた客を呼ぶ。今宵も「ほっこり」、させてもろたわ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中