第14回:「大衆酒場いこい」@大阪中津

長年憧れのお店への初訪問は確かまだ若かりし20代前半。いつものように数軒ハシゴからの千鳥足でオジャマ、念願叶ったにも関わらずほとんど記憶がなかったという愚かなワタシ…。
阪急中津駅下車数十歩、ガード下に構え50ウン年。初代が食堂として始めた後、お酒も置いたら儲かるんちゃうか、と現在の食堂兼酒場の形態に至ったそう。 「ワシが中坊の頃からやっとったかなぁ」。遠い目でお話されるは二代目現店主。せや、初めて来た時、何や知らん酔っぱらいのおっちゃん話しかけてきよる で、そう思ったこのお方(順ちゃん)こそ、「いこい」を守り続ける主やったのね、失礼こきまくり。
この日もフラリ立ち寄り、酒呑みの心を揺さぶる味のある構えに見入っていたら、テンション高めにお出迎え。もうお酒入ってるんかいな?ほなウチも。手酌で 大瓶グイッ、茹で卵付きが嬉しい定番ポテトサラダを舐めつつ、見渡す店内は酒メーカーの提灯が下がる広々テーブル席と、年季入りまくりの品書きズラリのカ ウンター。働き人の胃袋を満たし酒呑みを温かく見守り時代を重ねてきた『古き良き』ありつつ、キレイに磨かれ大事に扱われてる感がヒシヒシ伝わってくんね ん。見とれながらも腹の虫がグーゥッ。さっきから目の前でグツグツ美味しそうなどて焼は、タレをからませ一味をパパッでぁいお待ち!どて、おでん鍋、鉄板 もんを担うダンナがこれまたシュッと男前やんか。ここ、特等席やなぁ♪
みんな大好き赤ウインナーのバーベQ、半熟卵をからめて召し上がれ、白飯にも酒のお供にも◎な肉じゃが、関西の味きずし…居酒屋定番=酒呑み好みのアテを網羅したTHE大衆酒場。こんなお店が減りゆく昨今、貴重な存在や。大阪遺産や!
飲んで食べて喋って。ごく普通な幸せを感じつつ…「丼物・麺類一式ご用意しております!」の文字につられ〆の炭水化物投入。しっかり出汁のきいた濃いめの 味でボリューミィなご飯もガツガツ進んでまうわ。柚子香るスープとお漬けもん小皿もついて「600万円!」ベタな返しもお手のもの。さすが大阪、コレや で。みんなの「いこい」の場よ、永遠に…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中