第19回:「立飲処 花」@兵庫塚口

ここの名物何なん?「そらぁ元気な娘さんらや!」。自他問わずおすすめの逸品がお店のお母さん方。なんや、スナックかいな。いぇいぇちゃいます、ご安心 を。チャージもセットもカラオケもございません、もちろんオサワリもございません。阪急塚口駅徒歩1分、この地に元気を与え続け15年、レッキとした生粋 の酒場「立飲処 花」。かつて訪れた際、新顔の私にも「鏡開きやったから、ほれ、お食べ」そう言って手渡してくれた焼き立て熱々ピンクのお餅。熱過ぎて指 ヤケドしたんよぉ覚えてる。出して頂いた新酒のグラスで冷やしたっけ。こういった新年のお祝いの他、毎月お給料日の25日にはお疲れ様の小ビールサービ ス、バレンタイン、節分など年中行事を取り入れ各種サービスが振る舞われ、訪れる客をあたたかく迎え入れてくれはる。一見、常連分け隔てなく接して下さる 元気いっぱいのお母さん方が名物とは、なるほど納得。
「毎日みんなでピッカピカに磨くんよ」、食品衛生優秀店にも選ばれたという清潔感漂う店内は、毎日午後2時の開店からチラホラお客さんが集いユルユル午後 のひととき。18時をまわると、入れ替わりに会社勤めを終えた客が押し寄せる地元密着型。「おかえりなさ~い」と迎えられひとり乾杯っ。春先にたっぷりと こしらえられる花のくぎ煮は甘辛に柚子が香り、これをチビチビつつきながら飲むのがたまらんねん。キズシは通常、鯖なのだけど脂が乗っていない時期は鰆に 代替え。これまた〆加減が絶妙。酢が強過ぎず本来の旨味を引き出す仕様で、しっとりと舌に乗る。添えられた大根のケンもきっちり食べてほしい、という思い で出されるポン酢も自家製とな。花のきむたくは、四角い玉子焼き2枚でキムチがサンドされマヨネーズを合わせたボリュームの一品。はて、名前の由来、何 やっけ?忘れてもた。。シメに選んだ花の焼そばは白いお皿の上に見事に花が咲きよった!ぺろんっとめくるとソースが絡んだ甘辛麺がこんにちわ。どれもお手 製で愛情たっぷり。お気付きでしょうか、メニューの頭に「花」がつく品が名物ですねん。あ、お母さん方の次にね。花々に囲まれ美味しい花の数々を頂き、私 の心にも花満開や~

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中