第23回:「岡室酒店」@大阪京橋

『酒屋の立ち飲み=角打ち』と聞いてイメージされるんは、入りづらい・狭い・汚い・オッチャンばっかり・アテが質素。概ねそんなところやろか。あながち間 違いでもないけれど、まぁそない悪う思わんといてちょーだい。そういった独特の雰囲気もその店の味でもあるんやから。せやけど「岡室酒店」はちょっとちゃ います。毎度おなじみ大阪京橋。駅前の飲み屋激戦区から少し離れ大通りに面したこちらも、まさに角打ち然とした様相を呈していたのだけど、数年前の改装に より外観こそ以前の趣を残しつつ、店内は広々調理場に立ち飲みスペースも拡大、清潔感と明るさも加わり女性客も増えた。もちろん改装だけが人気の理由やお まへん。以前から他店とは一線を画す酒場として名を馳せてはりましてん。安い・旨い・おもろい。酒場選びの条件(持論ですが)が三拍子そろったうえに、何 と言っても気の良いマスターの存在が大きい。その人柄に惚れ込み日夜通う客とマスターとが作り出す雰囲気、適度なユルさと賑やかさが心地よい。この空気を 感じ思わず笑みがこぼれてまう。
ビールをお願いし、豊富なアテは目の前に並ぶ品々から選ぶも良し、一品、刺し身類、調理前の食材が入った冷蔵庫から物色するも良し。「コレもらいまーす」 と一声かけるシステムや。てづくりぬか漬盛と〆加減が絶妙なイワシきずしでひとり手酌で乾杯。「マスター、今日カレー汁無いのん?」あら、残念…落ち込ん だのも束の間、再び冷蔵庫を覗くとエェのんある!チキンカレーチーズ焼。温めバゲットが添えられグツグツ熱々で戻ってきたで。火傷必至のそれを夢中で頬張 ると、旨味とスパイシーさととろけるチーズのまろやかさが渾然一体となり胃袋を刺激しよる。立ち飲みレベルを超えた本気もんや。手早く焼き上げるマスター の後ろ姿に見とれてる間にハイお待ち!の豚バラ塩こしょう焼は、脂身たっぷりの厚切りをニンニクとともに噛み締める。唐辛子まで食べてしもた辛口マーボー ドーフ、口中のヒリヒリ止まらへん!お酒もう一杯お願いします!気付けば隣さんとも会話が弾み調子に乗ってもうたみたい。マスターに嫌われる前にキレイに 退散しよか。これも角打ちの基本やからね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中