第35回「じんべえ」@大阪梅田

一人でもみんなでも楽しめる。安くて旨くて居心地が良くって。そんな酒場を、酒飲みが放っとくわけあらへん。
日夜満員御礼の人気立ち飲み「じんべえ」。梅田の路地にオシャレな佇まい。オヤジな私には”めちゃヤングやろなぁ…。”躊躇しながら足を踏み入れると、白 衣をまとい頭にバンダナを巻いたスタッフさんが元気に迎えてくれる。木造り、ワイン樽が埋め込まれた壁、レンガ、温かい照明。初めてでも私でも気負うこと なくスッと馴染む空間。そこには若者のみならず、サラリーマンや夫婦の楽しげで幸せな表情が浮かび、控えめに届くBGMと客の会話が交差する。
次々とオーダーの入る活気ぶり。指加えて見てんと、私も波に乗ろか。季節の柑橘を使った生柑橘チューハイで喉を潤しつつ見上げる品書きには、新鮮な魚介類を筆頭に和洋折衷の豊富でリーズナブルな料理がびっしり。
インカの目覚めを使ったねっとりポテサラ、旨みたっぷり贅沢な香住カニ入りサラスパ。大好物の共演マウンテン盛りを前に、テンションも一気に登頂やわ!お 造り五種盛は人数に合せ臨機応変に対応下さるんも嬉しいなぁ。各単品を一貫は刺身で、一貫は寿司で、なんてワガママさえも聞いてくれはる。酒飲みの気持 ち、よぉ分かってはるわ。ほろりとろける名物ゆでたんは、ふくよかでコクのあるお出汁も全飲み必至。数種の魚が混ざる甘辛の天然魚のあら煮ともに180円 の破格!
同じく名物のとろとろ蟹クリームコロッケ。実はこの週2度目の訪問。1度目は友人と訪れ、弾む会話にお酒とたくさんの料理で満たされ、未食のままに退散。 気になってしゃーなくて、再び一人訪れたのでした。真ん丸フォルムを割るとサクッとろ~っ。ふぅわっと美味しい湯気が上がりたっぷりのソースが溢れ出す。 このコロッケのためだけに作られるベシャメルソースに、玉ねぎや椎茸、蟹身に、蟹味噌が加わり、旨みの小爆弾と化したわけや。熱々を頬張りキリリと冷えた 日本酒をキュッ。くはっ!これ、独り占めして正解!
酒肴だけでなく胃袋をがっつり満たしてくれる炭水化物メニューが豊富なんも、私の心を鷲掴み。スパイシーな香りと濃厚さが再び食欲を再燃させる牛すじカ レースパにハーフ&ハーフのビール、系列店から出前される本格ピザに日本酒。こんな変幻自在の組み合わせが楽しめるとあらば、お酒も食も止まらんであかん わ。立ち飲みサク飲み、なんて無理やんか。しっかり飲ませしっかり食べさせる立ち飲み。少々、長居してもうても堪忍したってください。

広告